【転勤族】住めば都なんてウソ!都会から田舎の転勤はこれがきつかったベスト3

ごきげんよう、ビスケです。
@beeesuuukeee

学校や就職や結婚などで引っ越しをしたみなさん、

どうだい?ぼちぼちその土地には慣れたかい?

はじめて暮らす土地、聞きなれない言葉、見慣れない店・・・

生活環境が変わるのって、ほんとーに大変よね。

ビスケ

わかる!わかるよ!!!

私は、転勤族の夫と結婚し、地元横浜から某雪国(ド田舎)に引っ越し

カルチャーショックを受けました。

いや、カルチャーショックなんてカッコいいもんじゃないや・・・

毎日田舎の悪口ノート書いたり、見えない敵と戦ったり、もう全てが嫌すぎて過呼吸になったことも(笑)←いや笑えない

転勤で知らない土地に行くことがどれだけきついか、聞いてくれる?

不便、さみしい、駐車場が広すぎる。都会から田舎の転勤はコレがきつい!




横浜を田舎だと思って育った私

私は生まれも育ちも横浜です。

趣味はショッピング。好きなショッピングスポットは横浜と新宿と表参道。

都会が大好きで、将来は都心のタワマンでアーバンライフ♡と思っていました。

夫は全国転勤のある仕事なので、結婚する前に

転勤でこの後地方にも住むと思うけど、、大丈夫?

と、当時の私の好みや行動パターンを考えて心配してくれました。

ビスケ

ふ~ん。田舎は嫌いだけど転勤ってことは数年で移動でしょ?なんとかなるなる~私の実家も田舎だしね

当時、実家のある横浜を田舎と思っていた私。

複数路線が乗り入れ、駅ビルではある程度のものがそろい、都心へのアクセスも悪くない。

その環境を田舎だと思って生きてきました。

(でもこれ神奈川県民あるあるだと思うんですよね~、お隣が大都会なだけに。千葉や埼玉の人も思ってるはず)

ガチの田舎がどれだけさみしい場所か・・・この時は想像すらできていませんでした。



田舎のキツイところ①車がないと何もできない

結婚後すぐに決まった勤務地は、日本海側にある某雪国でした。

住む家を決めるために、まずは不動産屋さんに行きました。タクシーで。

・・・不動産やさんなんて駅前にあるでしょ?なんて思ってたらアータ大間違いよ!

いくつかの物件を選んで、不動産屋さんの車で案内されているときも

目に映る景色は田んぼ、田んぼ、田んぼ、角を曲がっても田んぼ、どこまでも続く田んぼ・・・

ウソでしょ?こんなところで現代人が生活していけるの?って不安でいっぱいでした。

 

私は車の免許は持っていますが、運転は大の苦手なので

できるだけ駅から近いマンション(駅徒歩5分)を探して、契約しました。

ビスケ

ここなら・・・1人で繁華街にフラッとでかけられるね!

ふふふ・・・この電車がほぼ走ってない、ってことはこの時の私はまだ知りません。涙



田舎のキツイところ②人がいない、活気がない

無事引っ越しの片付けが終わり、夫が仕事でいない昼間に家の近くを散策することにしました。

ビスケ

とりあえず、駅の周りに何があるのか探検よ!

駅まで5分。

その間にあった店は、『さびれたタコ焼き屋』『さびれた定食屋』『さびれたパン屋』『小さなスーパー』これだけ。。。

定食屋は、店の中がわからないのでもしかしたら知る人ぞ知る絶品定食屋だった可能性はありますが

たこ焼き屋は、ここに住んでいた5年間で店に人が来ているのを見たことがなかったし

さびれたパン屋は品ぞろえと味と店員の態度が悪く、この後2回行きますがそれっきり。

小さなスーパーだけはコンビニ代わりに何かと便利に使っていました。

 

駅まで行くと、駅前は商店街が広がっていました。

ビスケ

おお!商店街?何の店があるんだろ?

ワクワクして歩いてみたけど、駅前の商店街はほぼシャッターが閉まってる。

かろうじて営業してたのは、店内の電気が暗い和菓子店、古めかしいカフェというより喫茶店、帽子やさんとハンコやさん。

あとは夜に開店するであろうお姉さんがいるクラブやバーなど。。。

 

そして、さっきからなんか変だと思ったら

平日の昼間だっていうのに、人がほとんど歩いてないんですよ。

駅前の、きっと横浜だったらまっすぐ歩くのが困難なくらい混んでる駅前の一等地なのに

がらーんとしてて人がいない。

ビスケ

おーい!!誰かいませんかーーー!!!

昼間なのに不気味に感じました。。。

 

駅前のマンションにしたから、しばらくは散策が楽しいかな?なんて淡い期待してたのに

駅周辺は1日で回りきっちゃうくらい、さみしいモノでした。



田舎のキツイところ③あの店もないこの店もない!

駅前はしゃーない。

この町はゴーストタウンなんだ。。。

と、休日、ここから電車で数駅の繁華街に行ってみることにしました。

ビスケ

横浜駅までのにぎやかさは求めないけどさ、でも県内イチの繁華街でしょ?楽しみだな~ファッションビルがあるみたい!

ファッションビル(駅ビル)には、独身時代に私が好きだったアパレルショップも入っていたので

楽しみにして出かけました。

ビスケ

あれ?ショップのHPに載ってたこんな感じの新作のバッグはどこですか?
ああ、あれこの店舗じゃ取り扱いないんですよ

ショップ店員さん

ビスケ

え・・・じゃあ取り扱ってる店舗ってどこにありますか?
県内のショップはここだけなんで、隣県の店舗に行っていただくしか・・・

ショップ店員さん

と、隣県だと???

もうこんなのばっかりですよ!

その後も、『店名 〇〇県』でいろんな店を検索してみたけど、県内にない店がまー多いこと。。。

たいていのチェーン店は駅前に揃っている都会と違い、この県では『無印良品』に行くのも車で何十分も走らなきゃいけない、マジでそんな環境なのよ!

ビスケ

都会にしか住んだことない人、これ衝撃でしょ?

今なら・・・

『ネットショップで買えばいいじゃん』

で即解決だけど、当時私はネットショッピングなんてほぼしたことない超アナログ人間だったんです。

 

さらに、せっかくおしゃれして繁華街に出てきたのに、オシャレなカフェひとつない。

丸メガネ+ヒゲを蓄えた細身の男性と、色白で赤い唇が可愛いイマドキ女子が店員やってるような、

そしてお客もスカしたビジネスマンとかオシャレ女子がたくさんいるような

そんなオシャレなカフェに入りたいのよぉぉぉ!!!

私のささやかな趣味『おされパーソンを観察しながら茶する』

それすら!それすらできないのか?

この県にはまだまだ少ないスタバがバカみたいに混んでて

ビスケ

もういいよ、、ミスドかマックで・・・

後から知ったんですが、

車ありきのこんな場所だと、オシャレカフェは田んぼのど真ん中にポツンとあったりするんですよね。

ないわけじゃなかったんだな。

けど、ハードル高ぇよ!



田舎つまんない、死ね

3か月くらい毎日毎日泣いてました。

半年くらい、周りのやつらは全員敵だ、と思っていました。

だだっ広い田んぼや空、見慣れない山が嫌でたまりませんでした。

宅配のおじさんや、スーパーのレジのおばさんの話す聞きなれない方言(イントネーション)も、いちいち雑音のように感じて不快でした。

 

『田舎つまんない、死ね』って一時期話題になったフレーズを作ったのもこの私(ウソ)

夫は激務で、帰宅は早くても10時近くでした。

話し相手のいない私は、毎日その土地の嫌いなところをノートにしたためるというちょっとコワい行動をするようになっていました。

そして1か月に1度は、夫に

ビスケ

こんなど田舎に住むなんて聞いてない!離婚する!嫌なら転職してっ!キーーー

て当たり散らしてました。

今思うとよく夫は耐えたなぁ。

夫からしたら『こんなとこに住むなんて聞いてない!』←言ったやんけ!!!って話よね。

余計なことは言わずに『そうだよね、キツイよな』っていっつも共感してくれた夫にはマジで感謝しかありません。

 

さらに、これは雪国独特のキツさになりますが

日本海側の冬はとても厳しく、毎日どんよりとした暗い空に低い真っ黒な雲が広がり、そして大量のヒョウや雪が降る日もありました。

バラバラっと聞いたことがない音がして、ベランダを見ると

ミルキー大の氷の粒がたくさん落ちてることも。。。

この天気は私の精神状態をさらに追い詰めました。

落ち込んで1日家から出れなかったり・・・というよりこの天気のせいで外に出れなかったり

最初の冬には生まれて初めて、ストレスで過呼吸にもなりました。

けっこうやばかったなぁ。

※太平洋側や温暖な地方から雪国に引っ越して来ると、冬場に鬱っぽい症状が出る人っているみたいです。太陽が出ないからね。冬季うつみたいな感じか。

 

実家への帰省手段は飛行機で、1度帰ると交通費+もろもろで10万くらいかかってしまいましたが

心の健康には変えられない、と月1で帰省していました。

我が家の貯金が少ないのはこの時のコレも大いに影響してます。



結論:住めば都なんてウソだった

当時、同じような状況の人はいるかな?みんなどうやってこの状況を克服するんだ?って

ネットで【田舎に転勤 キツイ】【田舎に引っ越し 鬱】なんて検索してみても

『じゃあ帰れば』

『住めば都ですよ♡野菜でも作りましょう!』

なんていう、当時の私からすれば全然救われない意見が多かったです。

 

まあ、田舎住みの人からしたら、『田舎つまんない』なんて田舎をひとまとめにしてそう言われたらむっとするのかな。

田舎といってもいろいろありますからね。

生まれ育った田舎が大好き!って人はさ、その場所に愛着があって

そこに親や友達、大事な人がたくさんいるからってのもあるでしょ?

あったかい田舎で育った人が、北海道の端っこに引っ越しても

『田舎最高!ウェーーーイ!』

って同じテンションで言えるかな?

 

また、田舎で育って、田舎が好きな人が

ビルしかない、空も見えない大都会に引っ越さなきゃいけなくなったら

『都会息苦しい、都会キライ!』ってなると思うの・・・

同じことだと思うんだよね。

 

このブログに書いた気持ちは、都会から田舎に引っ越した人は

程度の差こそあれ、みんな感じることだと思います。

私は特に、趣味や嗜好が都会に依存するものばかりだったので

私にとって、田舎はつまらなくて魅力を感じなかった、というだけのことです。

ちなみに、5年住みましたが最後まで『住めば都』とは思わなかったよ。

 

えっと・・・

このブログは都会が大好きな人が、都会から田舎へ引っ越すとかなりきついよ、という話なので

救いようがないですがここで終了です!

 

この状況からどうやって抜け出したかは、【田舎鬱】都会から田舎の転勤で鬱状態だった私がそこから抜け出した3つのきっかけ の記事に書いています。

【田舎鬱】都会から田舎の転勤で鬱状態だった私がそこから抜け出した3つのきっかけ

そう、抜け出したんですよ!

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村

4 Comments

minami

私は、西日本の都市部で育ち、7年前新卒での配属が地方でした。感じたことが同じで、思わずコメントしてしまいました。趣味はお店めぐりだったので同じように辛かったです習い事やサークルとかも少なくて、人間関係も広げづらかったですもちろん悪いとこばっかじゃないですが、色んな意味でモチベーションを保ちにくいですよね
この4月から、育った都市部に戻って来ました!今度は自分が遅れていて逆カルチャーショックを受けていますが、、
筆者様の未来が良いものであることを願っています。
よくわからない文章ですみません

返信する
ビスケ

はじめまして!!!
うわ~同じ気持ちの方がコメントくれるなんて嬉しいです。
生まれ育った土地と大きく違う土地に住むことは誰でも多少のストレスのがあると思いますが
都市部→地方の場合『選択肢がない(少ない)』ってのがかなり堪えますよね。
でも確かに悪いことばかりじゃないんですよね。
今まで当たり前だったことに感謝できるようになったり
『ない』からこそ頭を使ってどう楽しむか工夫したり・・・
転勤を経験した人は一回り二回り成長すると思ってます^^
コメントありがとうございます!

返信する
ありす

たぶん、私が今いる所と同じじゃないかな…?私はまだ田舎大嫌い真っ只中で鬱になりかけてます。
気分転換できるちょっとしたお店がないのが辛いです。だんだんと、オシャレしても行くとこないしなぁって、心もときめかなくなってきてます。
まさに毎日泣いてます。もう三年目ですが誰も知り合いいませんよ 笑
私も早くこの状況脱出したいです(;_;)

返信する
ビスケ

ありす様
お気持ち本当にわかります・・・辛いですよね(;_:)
これはド田舎に行ったことのない人&土地に合わなかった人にしかわからない辛さだと思います。
オシャレしても行くとこない、ってめちゃわかります!!私も良く叫んでいました。
最初は意地になってオシャレしてみても、現地の人の服装(ジャージとかクロックスとか)を見てるうちにだんだんとオシャレの気力がなくなるんですよねぇ。。。
貯金ができなかったりと弊害はでますが、私は月1の帰省でなんとかメンタル保っていました。
もし可能ならおすすめです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です