転勤族がマイホームを買うベストタイミングとは

ごきげんよう、ビスケです!
@beeesuuukeee

我が家は数年ごとに全国を渡り歩く転勤族です。

現在、転勤が決まって2日で探した築40年くらいのおんぼろマンションに住んでます。

MSGD(マジで、しゃれにならんぐらいゴキ〇リが出ます)

転勤族の我々も素敵なマイホームが欲しいです!(´;ω;`)ウゥゥ

転勤族の我が家が今家を買う理由

子持ち転勤族はいつかどこかで定住する

転勤族は基本的に定年まで全国(または指定のエリア)をグルグル移動します。

子供がいない夫婦なら定年までずっと家族で移動するっていう選択肢も選べますが

子供がいると成長するにつれ転校が難しくなったりして

ずっと家族で一緒に移動することができない場合がほとんどだと思います。

そうなると、いつかはどこかに一定の期間定住(パパは単身赴任)することになります。

その時住んでた場所にそのまま定住するパターンや

前もって妻の地元などにマイホームを買い、好きな場所に定住するパターンも。

我が家は夫婦で話し合った結果、早めに好きな場所に買って住もう!ということになりました。

その理由を少し書いてみます。

理由①こどもの転校を避けたい

まず我が家には、子ビスケ(息子・4歳)がいます。

なので、上記の定年までずっと家族で移動するってのはあまり現実的ではないかな、と思っています。

じゃあどこまで家族で一緒に移動するか、と言う話なんですが

個人的には、転校は小学校の低学年が限界かな~と思っています。

 

私自身が転勤族の子だったので、小学校4年のときに転校した経験があります。

学校のはからい(転校生の女の子を2人同時に同じクラスに入れてくれた)もあり、

友達関係も勉強の違いなんかも特に問題はなかったのですが

それでも小学4年生って多感な時なので、自分だけ違う色のリコーダーやメロディオンを持っていることも気になったし

いろんな決まりや『当たり前』が違うことに戸惑い、必死に周りに馴染もうとしていたような気がします。

長女気質なので親にも言わなかったし、態度にも出さなかったけど

私にとって小学4年生での転校は、ちょっと嫌だったんだよな~。

 

転校して行く子も転入してくる子も多い学校でしたが

その後転校していった人気者の子が転入先でイジメられてしまった話や

転入してきたちょっとハデな女の子が浮いちゃって友達ができずにいたのなんかを見ていたので

小学校高学年の転校って難しいな。って思うんです。

もちろんすんなり馴染めるか?ってのは子供の性格や年齢や受け入れる環境によってさまざまだと思うし

どんな年齢でどこに引っ越してもさらっと馴染んでやっていける子もいて

そういうたくましい子になってほしいし、素晴らしいことだと思うの。

でも、引っ込み思案でお友達の輪に入って行くのにめちゃくちゃ時間のかかる子ビスケには

この『転校』ってものすごく負担になる気がする・・・

だったら早めに『地元』を作ってあげたほうが安心できるんじゃないかな?

いや、私たち親がその方が安心できるな、と考えたのです。

理由②適当に選んだ家の家賃を払い続けるのが嫌

我が家の場合、数年おきに転勤がありますが『辞令は突然に』なのです。

住むところをのんびり吟味している時間は毎回ない。

今の家だって2日間で『ここならなんとか住めるか』って決めた家。

消去法だったよ、マジで!

家賃はこの辺では激安だけど、気に入ってない家の家賃を払っていると思うともったいなく感じる・・・

どうせ払うなら適当に選んだ家の家賃より、気に入った家の住宅ローンを払いたい!

よく『家は借りたほうが得か・買ったほうが得か』という議論がなされますが、

これの答えは『人による』だと思うんですよね~

これに関して詳しくは【賃貸vs持ち家】結局家は借りたほうが得なの?買ったほうが得なの?で。

↓家賃も公開してます。

【賃貸vs持ち家】比較!結局家は借りたほうが得なの?買ったほうが得なの?

あ、転勤族って、会社都合で転勤させられるので家賃補助が手厚いことが多いと思うのですが

夫の勤める会社は、家賃補助が超~~少ないのです。

もっと言ったら引っ越し費用も一部自腹です(これマジよ・・・)

家賃補助が少なかったり、家賃補助なぞないわって人は『家賃がもったいない』って理由でマイホーム購入に踏み切る人も多いよね。

理由③思わぬ場所で定住するリスクを避けたい

少しでも家族一緒の時間を作るべく、息子が転校できなくなるギリギリまで家族で一緒に移動する?との考えもあったのですが

その時転勤でどこの土地にいるかわかんないよね。

ビスケ

私、前回の転勤で思い知ったのです。

縁もゆかりもない田舎に住むのは本当にキツイと。

前回住んでたのは某雪国。

運転がキライな私には、車がないと何もできない田舎の生活はそれだけでストレスでした。

さらに寒いのが苦手な私には、暗くて寒い雪国の冬はもう本当に辛くて辛くて・・・鬱っぽくなった過去があります。

住めば都なんてウソ!都会から田舎の転勤はこれがきつかったベスト3

きっと住みやすい場所だってあるんだろうと思う。

転勤ではじめて行ったけど、合うわ~ここ馴染むわ~って場所もあるはず。

でもまた車必須の地域&寒い地域に転勤になって

その時に息子が転校できない年齢でそのまましばらく定住しなきゃいけなくなったら

そして夫が単身赴任になったりしたら・・・!!!

ぎゃーーー!もうこれ想像しただけで辛いよ!

 

しかも、田舎に住むって費用もかさむイメージなんですよね。

1人1台車を持つ必要があったり、帰省するにもお金がかかるし、息子が大学の時には自宅から通えないと仕送りも必要になる。

あと田舎に住んでストレスがたまるであろう私のストレス発散費!コレが高い!←

そういう費用もすべて計算してみると結構な額になります。

そう考えると縁のない田舎でしばらく動けなくなることは、精神面でも金銭面でもデメリットしかないのです。

結論:我が家の場合早めにマイホームを買ったほうがメリットが多い!

私たちは、仲のいい家族だと思います。

夫は家事能力も高く、私にとっていてくれると助かる存在です。

休日は率先して息子と遊ぶ、子ビスケにとってもいいパパだと思います。

夫も家族で過ごす時間が大好きでとても大切にしています。

本当はずっと家族で一緒に暮らせたらな~と思います・・・正直。

ビスケ

転勤ってなんなんだろうね。ほんと意味ないよね。こんな制度早くなくならねーかな(涙)

まーこれ考えても我が家が転勤族なことには変わりはないので

みんなが幸せに暮らせるほうを考えると、我が家の場合早く家を買った方がいい!という結論に至ったのです。

いずれ来るであろう単身赴任期間は転勤族の宿命と思ってなんとか乗り切ります!泣

そんなわけで、1年前から情報収集&モデルルームに足繁く通っている我が家でした。

マイホームネタはまだまだ続く。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です